iPhone5sからiPhone8Plusに変更して1ヶ月の使用感をレビュー。大きさのギャップは案外感じない

スマホをiPhone5sからiPhone8Plusに変更して1ヶ月が経ちました。

4年前の機種からの変更は性能もさることながら、サイズも大きくなったことで戸惑うかなと思っていたのですが、意外とスンナリ馴染んでいます。

スポンサーリンク

iPhone5sとiPhone8Plusの比較

大きさはiPhone5sの【高さ123.8 mm・幅58.6 mm】からiPhone8Plusの【高さ158.4 mm・幅78.1 mm】に、重さは112gから202gになっています。

厚さはiPhone5sが7.6mmに対し、iPhone8Plusが7.5mmと若干薄くなっています。

iPhone5sからiPhone8Plusに変更した理由

iPhone5sを購入したのが2014年の1月ですから、3年8ヶ月使っていて、特に不具合もなく、なんならまだまだ使えるぐらい大事に使っていました。

片手で扱えるこのサイズは絶妙で、新しいiPhoneが毎年発売されても食指は動きませんでした。

ただ、このiPhone5sはストレージが16GBなので、もう限界に近づいていました。

写真はGoogleフォトに移していますし、音楽も最小限にしていますが、やはり長く使うにつれて使える容量が減ってきていました。

64GBあればもう少し頑張っていたと思うのですが、やはり16GBではもはやこれまで。

大きさが同じiPhoneSEでもよかったのですが、どうせ換えるならまったく新しい体験をした方がいいのではということと、大きければポケットに入らずカバンにしまうことになるので、ついついスマホを見てしまうということがなくなるだろうということで、大きさでは対極にあるSIMフリーのiPhone8Plusにしてみました。

もし、大きすぎて使いづらいなら、売却してiPhoneSEやiPhone7,8あたりにすればいいかなと。

iPhone5sからiPhone8Plusに変更したことに良かったこと

キレイな写真が撮れる

iPhoneでよく撮るのは、何と言っても子どもの写真です。

子どもの成長は早いですから、今のカワイイときをできるだけキレイに撮って残しておきたいんですよね。

iPhone5sでも十分キレイな写真は撮れていましたが、やはり子どもはジッとしていませんから動くとブレてしまい、なかなか難しい。。

デジタル一眼なら多少動いてもキレイに撮れますが、常に持ち歩けませんからお手軽に撮れるスマホがやはり重宝します。

そんな希望を抱きながらiPhone8Plusで写真を撮ってみたのですが、やはり少々動いてもキレイに撮れますね。

iPhone5sのときは、シャッターを押したときのタイミングと実際に撮れたときのタイミングにズレが有りましたので、このあたりはやはり隔世の感があります。

そしてポートレートモードで撮れば、イイ感じに背景がボケます。

デジタル一眼まではいきませんが、お手軽に背景をボカせられるのはいいですね。

そのほかズームも2倍までならキレイに撮れたり、カメラ性能については換えてよかったなと感じます。

電子書籍を大きな画面で読める

普段はKindleやhontoの電子書籍をiPadで読んでいますが、iPadをいつも持ち歩いているわけではありませんし、移動中の電車の中でもiPadを気軽には使えません。

移動時間といったちょっとしたこま切れの時間に読書をしたかったのですが、iPhone5sではやはり画面が小さく見づらかったです。

iPhone8Plusにするとやはり読みやすいですね。

マンガだとiPhone5sでもそれほど苦になりませんが

文字中心の書籍では1ページの表示領域も広いので画面が大きほうが読みやすいです。

これでこま切れの時間を上手く使えそうです。

大きさが変わったことによる影響

片手操作はしにくい

大きさが変わった一番困ったのは、片手で操作しにくいということです。

私は手が小さい方なので、ここが一番懸念していたことでした。

ただ、これも簡易アクセスを使えば、ホームボタンをダブルタップすることで画面が下がって画面上部をタッチすることもできます。

さらにiOS11からはキーボードを片方に寄せることができるようになりましたので、片手での文字入力はしやすくなっています。

前の画面に戻るために画面の左端をスワイプするときは指が届きにくいですが、背面のリングに指をかけながら親指を伸ばせばなんとかできます。

意外とポケットに入る

この大きさだからポケットには入らないだろうなと思っていたのですが、意外と入ります。

さすがにジーンズのポケットに入れるとタイトですが、スラックスのポケットなら比較的ゆとりがあるので収まります。

ワイシャツのポケットにも半分くらいはみ出ていますが、横幅は大丈夫です。

ジャケットを着るときなら、これくらいはみ出ていても大丈夫ですね。

これだとカバンにしまわずに済んでしまいますので、またスマホをチラチラ見てしまいそうです(個人的にプロ野球はオフシーズンに入りましたので一球速報を気にすることはないですが^^;)。

まとめ

iPhone5sからiPhone8Plusへの変更は、コンパクトさというメリットはなくなりましたが、性能のアップと快適性というメリットで十分カバーできています。

iPhone5sやSEを使っていてiPhone8Plusに変えたいけど大きさのギャップに戸惑いそうで躊躇している方は、思い切って換えてみましょう。

1ヶ月も使えば、大きさの不便さを感じなくなっていますよ。

◆編集後記◆
埼玉西武ライオンズがCSのファーストステージで敗退となり、今年も終わったなぁという感じで虚脱状態です。オフシーズンになると毎年FA流出の話題が出てくるので憂鬱なんですよね(泣)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら