2016年を振り返りつつ、とりとめもなく書いてみます

2017年1月1日

明けましておめでとうございます。
今年も、誰かのお役に立てるような情報提供ができるブログをめざして書いていきたいと思います。

今日は日曜日なので普段はブログを更新していないのですが、1月1日という一年のはじまりの日ということで書いてみます。

ただ、内容は独立開業した昨年を振り返りつつ、これからどうしたいかなど、とりとめもなく制限時間1時間で書いていきます。

内容が矛盾していたり辻褄があっていなかったりするかもしれませんが、今思うままに書いて、1時間たったら、もうそこで終了します。

スポンサーリンク

現在、2017年1月1日22:30 ブログ開始

昨年の2016年は、独立開業元年ということで大きな分岐点となった年でした。

4月に開業登録して、そこから3ヶ月は開業準備に時間費やしてしまいましたので、実質稼働したのは7月から12月までの半年です。

正直、なかなか厳しい船出にはなっています。

今まで、ほぼ営業経験がない人間(1年はプレハブ売ってましたが…)が、開業してすぐ仕事が取れるかというと、そう簡単にはいきません。

ただ、そういう中でも、ウェブマーケティングのセミナーに出たり、士業のマーケティング関連の本を読んだりして、それをホームページやブログに反映させたりと、毎日、暗中模索、試行錯誤しながらもがくという経験は、独立前では得られなかった経験です。

ホームページを作ったり、ブログを書いたりすることも独立してから初めてしました。

独立後は、本当に未経験のことをすることが多く、今までやったことのないことがどれだけ多いことかと痛感しています。

どうしても人間は経験を積んでくると、やったことのある方に行きがちで、私もどちらかというと、そういう人間です。

だって、やったことのある方が計算できましラクですからね。

(ただいま23:05。子どもが泣いて起きてきたので、あやすのに5分使ってしまいました。)

ただ独立を意識し始めた頃に、税理士の井ノ上陽一さんのブログで「一日一新」という考え方を知ってからは、やったことのない方とやったことのある方のどちらかを選ぶときは、やったことのない方を選ぶようになりました(まだブログで公開するほどの覚悟はありませんが^^;)。

飲食店に入るときも入ったことのあるお店より、入ったことのないお店を選ぶようになったりと。

未経験のことに対する対応を経験することで、やったことのないことに対する対応力がつくのではないかと思います。

独立後は、やったことのないことの連続ですから、この考え方は大切だと感じています。

(たたいま23:20)

独立前は所長が新しい仕事を取ってきても、正直いっぱいいっぱいだったので、ありがたいという気持ちはほとんどわかなかったです。

ところが独立後は、仕事が取れることがありがたいことですから、180度変わります。

この辺は雇う側と雇われる側の分かり合えないところなのですが、やはり、自分で取ってきた仕事を自分でやるからこそ、ありがたいと思えるんでしょうね。

独立したことで、”仕事を依頼してもらえるありがたみ”を思い起こせたというのも、独立後に得た大切なことですね。

(23:30になりました)

まとめ

とりあえず、制限時間を決めて思うままに書いてみましたが、何か筋が通っている内容になっているか不安ですね。

実質開業半年の時点で振り返っている場合ではなく、日々、暗中模索、試行錯誤しながらも少しずつ進んでいくのが、今の私にできることでしょうか。

◆編集後記◆
今回は制限時間を決め、内容も深く考えずとりあえず書くというスタンスでブログを書いてみました。
見ている方には読みづらかったかもしれませんね。スミマセン。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら