月曜深夜のひそかな楽しみ〜一人ナイツ〜

一人ナイツ

最近、毎週月曜日のひそかな楽しみになっているのが「一人ナイツ」です。

いつも見ている漫才が違った角度で見られるのでオススメです。

スポンサーリンク

一人ナイツとは?

一人ナイツとは、Eテレで平日の23:55〜24:00という日付が変わる直前に放送されている「2355」という番組のいちコーナーで、漫才コンビのナイツがネタを披露しています。

ただ普通に漫才をしているのではなく、一人ナイツというタイトル通り、最初は一人で漫才をしています。

よくあるパターンが、最初はボケの塙さんがひとりでボケだけの漫才をして、その後答えわせをするかのようにツッコミの土屋さんと一緒に二人ナイツと称して、いつも通りの漫才を披露します。

一人ナイツのおもしろさ

最初はボケだけなので、場合によっては何を言ってるのかわからなくなりそうですが、ナイツの漫才は基本的にわかりやすい漫才なので、ナイツだからこそ成立するスタイルかもしれません。

ボケを聞きながら自分なりのツッコミを考える。

そしてのそのツッコミの答え合わせをするのが、二人ナイツになったとき。

漫才は見ている方は受け身になりがちですが、この一人ナイツは見ている方も考えながら漫才に参加するというスタイルが新鮮ですね。

この一人ナイツは、一人ボケ→二人ナイツというパターン以外にも、一人ボケ→一人ツッコミというパターンや、一人ツッコミ→二人ナイツというパターンもあり、それそれ楽しみ方が違っておもしろいです。

ただし、一人ツッコミから塙さんのボケを想像する方が難しく、このあたりは見ている人のお笑いセンスが問われそうです。

基本的に私はナイツの漫才が好きなので楽しめているのかもしれませんが、そうでない人も一度は見ていただきたいですね。

ただ、この一人ナイツは毎週やっているわけではなく、番組の最初のルーレットで今日は何をやるかが決まる(昨日はルーレットがなかったですが)ので、楽しみにしていても今日はなしって日もあります。

私の感覚では月4回の放送の内、3回ぐらいは一人ナイツのような気がします。

まとめ

一人ナイツとひとり税理士、どちらも一人なのですが、ひとり税理士はボケもツッコミも両方しないといけません。

税理士がボケるだけボケて、お客さんにツッコんでもらって尻拭いしてもらうのではダメですからね。

何かムリヤリこじつけてしまった感がありますが、一人ナイシが気になる方は一度ヤホーで検索してみてください。

◆編集後記◆
最近書いた上場株式等の繰越損失の記事とホームページに書いた配当所得関係の記事がアクセスを集めています。
配当金関係のブログにリンクを貼っていただいたのが要因のようですが、あまりこういうのに慣れていないんでソワソワしてしまいます^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら